新米パパの物欲がありあまる!九州釣行記

佐賀県民のハジメが、糸島や呼子を中心に釣りに行く日記。ボート、堤防、時々釣堀、簡単に釣れる魚ばかりを狙います。エギング・アジング・タイラバ・イカメタル・ライトジギングに手を出してます。おこづかいが足らない!

2017/01/07 仮屋湾釣り初め ~ナブラ打ちでヒラゴ~

2017/01/07  曇りのち晴れ

東の風2から3m 波1.5mのち1m

長潮 満潮16:45 干潮10:03

水温 湾内:9度 湾外:15度

 

釣り納めから一週間。。。

嫁ちゃんから元々許可を頂いていたので、また仮屋湾にボート釣りに来ちゃいました。

今回のお供は後輩のS。一緒に仮屋湾を開拓して回った相棒みたいなもんです。

 

仮屋湾に行く前は興奮してなかなか寝付けないのですが、今回は酷かった!

前日夜11時に就寝したのですが、2時に目が覚めてしまいそのまま出発!笑

途中で朝飯昼飯買って4時には仮屋湾へ到着。

出航は7時20分なので、それまでアジング!

ポイントでアジング福袋を購入し、いろんなワームを手に入れたので試してみます。

しかし、10センチほどのアジが面白いように釣れるので、ワームによる違いが判りません笑釣れたアジは泳がせ用としてとっておきます。

 

そしていよいよ出航です。

東風ということで向島方面にベイトがたまっているだろうという予想の元西方向へ舵を取ります。

 

しかし、魚探にベイトの反応は湾口で少しだけあったのみ。

水温が下がったため深場に魚がたまっているのではと沖に出ても反応は薄い。。。

タイラバにも反応なし。。。

 

そんな中、後輩Sが

「あそこ、なんか鳥集まってないっすか」と指をさす。

言われてみれば水面の上にもやもや、点々としたものが。

 

この時期は気温より水温の方が高いから蜃気楼のようなものが見えるのです。

「蜃気楼じゃね?」

「いや。鳥ですよ」

そんなに言われると鳥のような気もしてきたので、東方面へ船を走らせます。

近づいてみると確かに鳥!しかも大きい鳥山!

 

急いでニューウエポン「メタルマル28gレッドフレーム」を投げ入れます!

そして軽くトゥイッチを入れながらリトリーブするとガツンとひったくる当たり!

やっぱり青物は良く走ります!

f:id:roshinante2:20170109220626j:plain

 

54センチのヒラゴでした。

やっぱりブリに比べると体が平べったいです。そして良く走ります。

 

そこからはしばらく鳥山を追い回していましたが、船が近づくとすぐ沈んでしまい、なかなか釣れませんでした。

 

諦めてタイラバしていたら後輩Sが何やら大きそうなのを掛けた!

f:id:roshinante2:20170109221038p:plain

50センチに届きそうな綺麗な鯛でした!

ニュータイラバタックルで挑んだ後輩も満足の一尾でした。

 

今回の釣行は深場を主に攻めましたが、なかなか釣果に結びつきませんでした。

しかし、30mほどの浅場を攻めていた方は多くの鯛を仕留めていらっしゃったので、今回はそちらが良かったのでしょう。

 

深場はわかりませんが表層の水温はまだ下がっていなかったので、活性の高い浅場の魚をじっくり狙うのが正解だったのかもしれません。

まあ、そこの考察も手前船頭ができるボート釣りの魅力ですね。

 

今年も実り多き一年になりますように!

f:id:roshinante2:20170109221555j:plain

ヒラゴの刺身は絶品でした。後味がすばらしい。

また釣れますように。